トップ > 製品情報 > リモートシステム
NS400DM
NVS400DL

NVS400LM
リモートシステム Neoview ReworkAOIリンク

人件費削減なら1人数役

製造ラインに目視検査装置を導入すると、目視検査装置に最低1人の検査員が必要になります。

製造ラインごとに製造にかかる時間はまちまちです。その時間の流れを有効に活用しようという考えから生まれたのがリモートシステム(特許取得)です。

検査員が検査を待っている間に他の製造ラインの目視検査をすることで、検査員の作業効率を上げ人件費の削減が期待できます。

リモートシステムはリモート端末機を使用して検査を行うので、検査機の前にいる必要はありません。遠隔操作でリアルタイムで検査をすることができます。

部品の見え方は動画で確認!

AOIから検出された不良箇所を動画で映し出すため、検査中もカメラを動かし見やすい角度に調整することが可能です。
AOIから検出された不良箇所以外に重点目視をする場合は、AOIからNeoviewに基板が流れてきたときに写真撮影を行い、その画像を基に検査をします。

特別な検査のための特別な設定

条件付検査画像リモート端末機が複数あるときはAOIから検出されたNG箇所をそれぞれの端末機に割り振りをして検査を行います。

リモートシステムは以下のような条件で特定の検査を行うことができます。

  • 機種によって検査する作業者を特定
     
  • 製造ラインごとに検査をする端末機を特定

  • この設定ができることにより、特定の条件で検査をすることが可能になります。