トップ > 会社概要 > 沿革
会社概要
沿革
ごあいさつ

沿革

1970昭和42年 日立市千石町に鈴木電子設立
昭和45年 日立製作所 那珂工場殿のプリント基板組立を開始
昭和50年 日立製作所 多賀工場殿との取引開始
昭和53年 鈴木電子株式会社 資本金500万円で設立
1980昭和55年 株式会社 日立技研に商号変更
1990平成 2年 資本金1,000万円に増資
平成 9年 自社製品開発に着手
平成10年 汎用型機能検査システム“Neobrain(ネオブレイン)”を開発
平成11年 日立市東金沢町に開発室設置
目視検査支援システム“Neoview(ネオビュー)”を開発
2000平成13年 新ソフトウェア”NeoviewCAI(ネオビューシーエーアイ)”を開発
新ソフトウェア”NeoviewServer(ネオビューサーバー)”を開発
実装・検査機器関連の海外展示会への出展開始
中国および台湾への出荷開始
海外検査装置メーカーとの技術交流開始
独立行政法人 科学技術振興機構から大学との協同開発モデル化資金を受ける
平成14年 新ソフトウェア”NeoviewSPC(ネオビューエスピーシー)”開発
台湾特許 取得
中華民国特許取得(工業製品の目視検査支援装置)
経営革新計画の認証を得る
平成15年 新型目視検査支援システム“Neoview(ネオビュー)”を開発
リペア支援システム “NeoRepair(ネオビューリペア)”を開発
平成16年 日本特許取得 (工業製品の目視検査支援装置)
平成17年 茨城県から新製品開発等支援事業費を受ける
《高精度ロボット開発》
大韓民国特許取得 (工業製品の目視検査支援装置)
中華人民共和国特許取得 (工業製品の目視検査支援装置)
平成18年 実装基板重点目視システムNeoview Souryuを開発
実装基板欠陥レビューシステムNeoview Suzakuを開発
フィルムパターン重点目視システムNeoview Byakkoを開発
Neoview システムオプションソフトウェア群を開発
平成19年 社団法人 日本機械学会優秀製品賞受賞
平成20年 茨城県知事賞 受賞
日立商工会議所 会頭賞 受賞
2010年平成22年

経営革新計画の認証を得る

NeoviewのWindows7 64bit版に対応
工程改善支援ツール(Qc-Aid)を開発開始

平成24年 日本特許取得 (リモートコントロール)
平成25年 カバー付目視支援機Mサイズ NVS400DMの販売開始
平成27年 日本特許取得 (新型目視検査支援装置)